2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

2009.02.23 Monday

修士論文中間発表会

 鳥取大で初めての中間発表会が終わりました。全体的にはまずまずといったところでしょうか。来年はもう少し時期をはやめてもいいかなという感想です。入試も終わったので一段落、来年の研究指導体制なども考えておかなくてはいけません。2009年度もペアトレ、強度行動障害、不登校、学校支援、Vinelandなどのプロジェクトを進めます。報告書なども多い時期ですが論文執筆なども時間があるのはこの時期しかありません。ゼミ修了生で原稿書いてない人も頑張りましょう。

井上雅彦 | 近況 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)

2008.04.16 Wednesday

臨床相談センター開所式終わる

 今月14日、臨床相談センターの開所式が終わりました。前任校の兵庫教育大学では障害児教育実践センター、発達心理臨床研究センターと2つの開所に関わったので今回は3回目の開所式です。医学系研究科のセンターということで病院関係からの問い合わせが多い感じです。できるだけ早くHPを立ち上げたいと思います。

 私は?といえば事務仕事と会議の連続です。スケジュール表は早くも埋まり、メールの数もしばらく少なかったのですがその日に返しきれない量に達しつつあります。原稿締め切りにも追われています。

 明日は夕方から兵庫教育大のゼミ生たちが来てくれます。久々の大人数ゼミで楽しみです。気をつけてきてくださいね。

井上雅彦 | 近況 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)

2008.02.22 Friday

3名の子どもたちとプレイルームで卒業式

 私の春からの転勤もあって、この度15年間から8年間の間、大学でいっしょに勉強してきた3人の子どもたちともお別れで、今日プレイルームで卒業式をしました。

 子どもたちは私を含めて毎年入れ替わり立ち替わりでかれこれ60名以上の学生さんと一緒に勉強してきたわけです。当時学生さんだった方は今では各地で様々な分野で活躍されています。Yちゃんもブログ書いていますので時々のぞいてコメントしてあげてください。コメントをとても楽しみにしているそうです(ご結婚されてお名前が変わられた方は念のため旧姓でお願いします)。

 私もそして修了したOB/OGも3名の子どもたちから多くのことを教えてもらいました。3名のすてきな子どもたちと親御さんに深く感謝いたします。

井上雅彦 | 近況 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0)

2008.02.21 Thursday

ちょっと復活

 先週も金曜日から京都→大津→東京→加古川→大学でゼミ朝3時までと移動して、その間に報告書や原稿締め切りに追われて、まさに自転車操業状態。みなさまのご心配のコメントをいただき、さすがにこれではイカンと奮起しようとしております。

 昨日、10年ちょっと前、私の助手時代に学生さんだった方から久しぶりにお会いし、その後メールをいただきました。以下引用です。

今の仕事に就いてから、人を支援する仕事が、自分ひとりでできるなんて傲慢な考えは捨てようと思うようになりました。以前は、私が何とかしてあげる的な考えが強かったと思います。たとえ経験を積んでも、実績をあげても、権力を手にしても、自分ひとりが持っている引き出しには限界があります。たくさんの人と、チームで支援するほうが、より多くの引き出しができ、たくさんの選択肢を用意することができます。ワーカーやコーディネーターたるもの、ひとりで突っ走ってはいけません。ひとりでは何もできないも同然のことくらいしか提案してあげられません。一見、役に立ちそうも無いオヤジでも、意外な引き出しのひとつくらい必ず持っています。誰がどんな引き出しを持っていて、誰に動いてもらうことがベストかを見極め、その人を機嫌よく動かすことができる人が真のコーディネーターではないかと・・・。これは、在学中だったか、イカ墨のスパゲティーを食べながら、井上先生が教えてくれたことです。


 うーんこんなこといってたんだ。まだ特別支援とかなかった頃ですが。ちなみにこの場には真城先生や若き日の奥田先生(すみません今もお若いです、当時は院生?)もいらっしゃたとか、、、。

 なんとなく昔の自分に「心せよ」とアドバイスされたような感じです。まさに虚心坦懐です。

井上雅彦 | 近況 | 01:07 | comments(2) | trackbacks(0)

2008.01.18 Friday

あすは修論口頭試問

 どこまでテーマに対して真摯に立ち向かったかが読ませて頂くとよくわかります。

 何のために、誰のためにあなたは研究をするのでしょうか?内容だけでなく、これからのその著者の人生に修論がどのような弁別刺激として機能していくのでしょうか?

 こんなことにも思いを巡らせつつ、皆さんの力作を読み終えました。さすがにダウンです。
 


井上雅彦 | 近況 | 03:37 | comments(3) | trackbacks(0)

2008.01.04 Friday

仕事始め

 今日から本格始動。大学にて論文整理と原稿書き、相談ケースひとつとたまった事務仕事の処理。

 年の瀬&新年もこんな感じでしたが、明日は名古屋での研究会議、日曜はまる一日ケースカンファと日常がプラスされていきます。明るくスピーディかつ正確に仕事をこなすことを目標にがんばります。

 あと忘れ物、落とし物、うっかりミスの減少のために自己記録を開始します。

 

井上雅彦 | 近況 | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0)

2008.01.01 Tuesday

今年もよろしくお願い致します


 ブログを読んでいただいているみなさま
 昨年は大変お世話になりました。

 ネズミを「マウス」で描いてみました。

 このイラストだとちらかった仕事をどんどん整理してくれる?というか、さらに収拾がつかなくなってしまうイメージかもしれませんね。

 そんなことのないように一つ一つ着実に修行を重ねていく所存です。今年もご指導よろしくお願い致します。


井上雅彦 | 近況 | 00:16 | comments(4) | trackbacks(0)

2007.12.30 Sunday

年末でも、、、。

 今年もあと少し、大掃除といいたいところですが、研究室では大勢の人が投稿論文作成のためにお仕事中です。

 わたしもたまった原稿や添削を抱え、今年の仕事にめどをつけるべく彼らとともに頑張っているのですが、道は遠い、、、。とにかく授業も出張もない今、こなすしかないわけです。

 どうもでしたー。

井上雅彦 | 近況 | 03:47 | comments(2) | trackbacks(0)

2007.04.14 Saturday

復活第1週を終えて

 先週水曜日から復帰し大学へ行きましたが新入生のみなさんの説明会や会議で走り回って世間の忙しさを実感した次第。

 木曜日は通院日で午前中つぶれ、午後は復活後初相談として、卒業生で行っている臨床グループの東大阪ぷろんぷとに行ってきました。先生と子どもさんが課題をやってるのををバイズしながら親御さんとお話し、というように思っていたのですが、結局しゃしゃりでてしまって、課題やったりあそんだりしてしまいました(先生ごめんなさい)。

子どもさんを抱っこしたりすると「自分の体力がどれだけ戻ってるかわかるかなー」と思いつつ。
「まだ20キロまでは大丈夫かな?」という感じ。
でも結構疲れました。

 「ぷろんぷと」は現在月2回の療育ですが、家庭で無理なく、楽しくできる課題を提案し、やってみてまた確認するという形になっています。コンセプトは家庭寮育支援講座と同じですが、実際に先生にモデルを示してもらったり、教材の作り方を学べるのはペアトレ後のフォローとしては有効なのかもしれません。

 今回の入院中、自分が行ってきた研究を点ではなく、線でつないで実際に地域で機能させていくには?と考えていましたが、今年度からはこのような繋がる支援を地域で実践できる仕組みづくりまで意識した実践研究をしていきたいと思います。

 LD研究(日本LD学会学会誌)に修了生の福田さんとの研究が掲載されました。これなんかも家庭での読み聞かせによる行動変容の効果を示したものですが、このような研究機関で開発した方法を定常的に支援サービスとして提供するためには、やはり研究機関以外で協力可能なサービス提供機関を作る以外にないわけです。

 新しい支援技術を開発した場合にも「誰がどのように使えるのか?」を常に意識せざるを得ません。

福田誠・井上雅彦 高機能自閉症児におけるソーシャルストーリーによる行動変容−家庭場面における読み聞かせ効果の検討−.LD研究.16.1.pp84-94.

井上雅彦 | 近況 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)

2007.04.07 Saturday

無事退院いたします

みなさま

 本当にご心配おかけしました。
無事というか、本日ちょっと早めに退院いたします。

 今回は病院を抜け出すことなく、スケジュールに従ってかなりおとなしく入院生活をおくっていましたが、先日つい油断して歯磨き粉とバンテリンを間違え、インドメタシンで歯磨きしてしまいました。歯茎が引き締まる思いでしたが変化がなさすぎるスケジュールも弁別刺激が機能しなくなってしまうのだなぁと思います。
 
 視力は相変わらず片眼0.7で今回角膜移植手術をした目の方はまだよく見えないのですが、矯正していくのは1年近くかかるらしく長い遅延強化です。角膜は国内のアイバンクだと5年待ちでめどが立ちませんでしたので、今回は、Made in USAの角膜が入っています。私の身体の数百分の一は米国人ということになりました。

 提供いただいただいた方の恩にむくいるためにも、より気持ちを引き締めて頑張ろうと思います。


井上雅彦 | 近況 | 09:02 | comments(7) | trackbacks(1)