2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 発達心理学会シンポ | main | 復活? >>

2006.03.21 Tuesday

岡垣町での研究会

 今日はゼミ修了生の大羽先生たちの岡垣町を中心とした先生達の会と親御さん達のひまわりの会のコラボ企画の研修会に行きました。

 2時間半の講義と、そのあと続けての2時間のグループ相談会はなかなかハードでした。しかし、少ない人数でやりとりしながらの会で私もいろいろ勉強になりました。

 後半の相談会では青年期の課題、特に男女ともに性に関連する問題についてお話しさせて頂きました。一方的に禁止したり抑制するのではなく、どのように「問題」にならないレベルに折り合いをつけていくか、ということが最も難しいかなぁ。本人がみて学べる性教育の本としては社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会の発行している冊子がお勧めです。

 

 

井上雅彦 | 社会活動 | 22:56 | comments(5) | trackbacks(0)

2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 22:56 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/132

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

性教育は本格的には青年期になるのかもしれませんが、私は家庭教師先でも絵本を使って就学前から行なっています。アンパンマンで
有名なやなせたかしさんの作品がお勧めです。
2次性徴の早いお子さんの場合は、小学校低学年から取り組むことも必要ではないでしょうか?
個人的には視聴覚教材として「ふしぎなメルモ」とか、北欧の障害者同士の性を扱った記録ビデオ「スティーンとベンテ」などもいいと思います。

とこるで、今日の午後4時すぎにワイドショーで「発達障碍」の特集がありましたね。
アスペルガ症候群とーと高機能自閉症の区別の説明が一般の人々にはわかりにくいと思いました。

ゆきんこ | 2006/03/22 9:48 PM

井上先生、南田先生、びっしりと仕事をさせてしまって、申し訳ありません。
 保護者の皆様は、子ども会やスポーツ少年団のお別れ会などで泣く泣くあきらめた方がいらしゃいました。また託児があればという声もききましたので、次回の課題にしたいと思います。
 最近、通常学級の先生方から「こんなときはどうしたらいいの?」という相談が増えています。私は、とてもうれしいことと思っています。
 学級担任が変わる時期なのですが、気になる子どもに出会ったときが、先生の変わり時です。教師がそう思って子どもたちに出会えば、どんな子どもたちと出会っても「チャンス」になると思います。
 また新しい一年が始まります。皆様これからもご支援よろしくお願いいたします。

大羽 | 2006/03/27 9:32 AM

私も是非参加したかったのですが、子供の発表会があったため参加できませんでした。とっても残念です。地元の親の会に最近入会したので、また機会があれば先生のお話をお聞きしたいです。

あしやっこ | 2006/03/30 3:46 PM

私も是非先生の講義聞きたかったです。また機会あれば講座参加したいです。

あしやっこ | 2006/03/30 3:48 PM

コメントありがとうございます。いまちょうど性教育と性に関する問題行動のデータを論文にまとめているところです。またいつかの機会にご紹介できればと思っています。

井上雅彦 | 2006/03/31 12:50 AM

コメントを書く