2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 無事退院いたします | main | 幼稚園の先生向けのe-learning講座開講 >>

2007.04.14 Saturday

復活第1週を終えて

 先週水曜日から復帰し大学へ行きましたが新入生のみなさんの説明会や会議で走り回って世間の忙しさを実感した次第。

 木曜日は通院日で午前中つぶれ、午後は復活後初相談として、卒業生で行っている臨床グループの東大阪ぷろんぷとに行ってきました。先生と子どもさんが課題をやってるのををバイズしながら親御さんとお話し、というように思っていたのですが、結局しゃしゃりでてしまって、課題やったりあそんだりしてしまいました(先生ごめんなさい)。

子どもさんを抱っこしたりすると「自分の体力がどれだけ戻ってるかわかるかなー」と思いつつ。
「まだ20キロまでは大丈夫かな?」という感じ。
でも結構疲れました。

 「ぷろんぷと」は現在月2回の療育ですが、家庭で無理なく、楽しくできる課題を提案し、やってみてまた確認するという形になっています。コンセプトは家庭寮育支援講座と同じですが、実際に先生にモデルを示してもらったり、教材の作り方を学べるのはペアトレ後のフォローとしては有効なのかもしれません。

 今回の入院中、自分が行ってきた研究を点ではなく、線でつないで実際に地域で機能させていくには?と考えていましたが、今年度からはこのような繋がる支援を地域で実践できる仕組みづくりまで意識した実践研究をしていきたいと思います。

 LD研究(日本LD学会学会誌)に修了生の福田さんとの研究が掲載されました。これなんかも家庭での読み聞かせによる行動変容の効果を示したものですが、このような研究機関で開発した方法を定常的に支援サービスとして提供するためには、やはり研究機関以外で協力可能なサービス提供機関を作る以外にないわけです。

 新しい支援技術を開発した場合にも「誰がどのように使えるのか?」を常に意識せざるを得ません。

福田誠・井上雅彦 高機能自閉症児におけるソーシャルストーリーによる行動変容−家庭場面における読み聞かせ効果の検討−.LD研究.16.1.pp84-94.

井上雅彦 | 近況 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)

2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 23:51 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/240

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く