2013.11.05 Tuesday

スポンサーサイト

この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

スポンサードリンク | - | | - | -

<< こち亀の両さんはすごい | main | ABA2007 report 今年のトレンドは >>

2007.05.28 Monday

ABA2007 in SANDIEGO

サンディエゴで開かれているABAの学会に来ています。メキシコとの国境付近の町は軍港と観光がメインでそんなに都会でもなく、また今は日差しはそれなりですが意外に涼しいです。

 海外の学会に来ると普段ゆっくり話せない先生や友人たちといろいろな情報交換やディスカッションができて有意義です。

 明日は私もParent Taining Program using Internet for Children with Autismというお題で発表です。
 

井上雅彦 | 実践研究 | 19:56 | comments(4) | trackbacks(0)

2013.11.05 Tuesday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 19:56 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/246

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

体調いかがですか?
こちらは、だいぶ暑くなってきました。

発表頑張ってください!

先生のお帰りをお待ちしています。

<P.S>
金髪のゼミ生とgreen eyeのイケメンを是非連れて帰ってきてください。

from:情報修理室 | 2007/05/28 11:38 PM

 日本人の発表も多いです。来年はシカゴですのでぜひ行きましょう。

井上雅彦 | 2007/05/30 1:09 AM

風の噂に井上先生がアメリカにいらっしゃると
聞きつけました。
卑近な質問ですが、発表は英語でされるんですよね。
アメリカの研究トレンドはやはり、依然として自閉症というのも意外な気がしました。
けれども、日本でお座なりにされた陽の目をみない研究分野も、アメリカではトレンドとまではいかなくても確立しているのであれば、
個人的にはトレンドだけでなく、ニッチな情報も
提供していただきたいです。

ゆきんこ | 2007/05/30 10:48 PM

 英語での発表ですがポスターなので楽です。口頭発表のシンポは大勢の前での素早いやりとりなので3年前に口頭発表した時さすがに練習をしました。

 ABAの学会のシンポやが発表が米国すべてを代表しているわけではないので??ですが、Janet氏の講演でのデータを見る限りさらにニーズは増加しているようです。

 マインドフルネスやACTに関するシンポもいくつかありました。private event に関する理論行動分析のシンポは、6.2の立命館でのシンポの話題提供のネタを整理するのに役立ちました。

井上雅彦 | 2007/05/30 11:24 PM

コメントを書く