2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 地域で守っていける体制を | main | 3名の子どもたちとプレイルームで卒業式 >>

2008.02.21 Thursday

ちょっと復活

 先週も金曜日から京都→大津→東京→加古川→大学でゼミ朝3時までと移動して、その間に報告書や原稿締め切りに追われて、まさに自転車操業状態。みなさまのご心配のコメントをいただき、さすがにこれではイカンと奮起しようとしております。

 昨日、10年ちょっと前、私の助手時代に学生さんだった方から久しぶりにお会いし、その後メールをいただきました。以下引用です。

今の仕事に就いてから、人を支援する仕事が、自分ひとりでできるなんて傲慢な考えは捨てようと思うようになりました。以前は、私が何とかしてあげる的な考えが強かったと思います。たとえ経験を積んでも、実績をあげても、権力を手にしても、自分ひとりが持っている引き出しには限界があります。たくさんの人と、チームで支援するほうが、より多くの引き出しができ、たくさんの選択肢を用意することができます。ワーカーやコーディネーターたるもの、ひとりで突っ走ってはいけません。ひとりでは何もできないも同然のことくらいしか提案してあげられません。一見、役に立ちそうも無いオヤジでも、意外な引き出しのひとつくらい必ず持っています。誰がどんな引き出しを持っていて、誰に動いてもらうことがベストかを見極め、その人を機嫌よく動かすことができる人が真のコーディネーターではないかと・・・。これは、在学中だったか、イカ墨のスパゲティーを食べながら、井上先生が教えてくれたことです。


 うーんこんなこといってたんだ。まだ特別支援とかなかった頃ですが。ちなみにこの場には真城先生や若き日の奥田先生(すみません今もお若いです、当時は院生?)もいらっしゃたとか、、、。

 なんとなく昔の自分に「心せよ」とアドバイスされたような感じです。まさに虚心坦懐です。

井上雅彦 | 近況 | 01:07 | comments(2) | trackbacks(0)

2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 01:07 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/323

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

先生、ずっと案じておりましたがホッといたしました。よかったですー。
どうぞ御自愛ください。

下関では24日に地域生活支援と就労支援を考えるシンポジウムを開きます。
むそうの戸枝理事長と宇部市の「宇部就労支援ネットワーク」の皆様をおよびいたします。
下関はまだまだ意識が低いので
風が起こせたらいいなと動いています。

あと、メンター☆三つグループで「リソースブック」をつくって見ました。
県内でサポートブック研修も始められそうです。

山口きっしー | 2008/02/21 8:57 AM

きっしー先輩
ご心配おかけしました。サポブ研修すごいですね。
来年もメンター研修する予定です。またご指導よろしくお願いいたします。山口にもまたおじゃましたいです。

井上雅彦 | 2008/02/23 1:01 AM

コメントを書く