2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 名古屋での会議と研修 | main | 師匠のお言葉 >>

2008.10.01 Wednesday

新刊がでました

  

  腰痛に耐えながらなんとか出版までこぎつけました。「家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46―自閉症の子どものためのABA(応用行動分析)基本プログラム」という本です。

 知的障害のある自閉症の子どもさんの家庭療育のための本ですが、学校の先生方にも読みやすくなっていると思います。知的障害のある子どもさんはもちろん、ASのある子どもさんについても一部参考になると思います。課題別にしているのでペアレント・トレーニングのテキストにも使えるのではないでしょうか。

 課題は兵庫教育大学時代の様々な子どもたちとの出会いや実践研究の中から取りだしたものです。ゼミ修了生の方々には「あっ私があの子にやった課題だ!」といった懐かしい課題もあるのではないでしょうか。もちろん研究論文として発表された内容も含まれています。

 「家庭で」というキーワードがなければ取り上げたかった認知コミュニケーション領域の課題がまだあるのですが、このあたりは別の機会に書いてみたいと思います。また青年期の課題も加えてみたいところです。

 執筆に協力していただいた修了生のみなさんは今も各地で週何回かの子どもたちの指導を続けている方たちです。ハードな仕事の合間に協力していただいたことを心より感謝しいたします。

井上雅彦 | - | 23:22 | comments(5) | trackbacks(1)

2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 23:22 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/373

この記事へのトラックバック一覧です:

» 家庭でできるABA [こうくんを守れ!!!から]
東京に出かける前に届いていたのですが 我慢して開封していなかった本 自閉症の子どものためのABA基本プログラム 家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46 井上雅彦 編集 学研ヒューマンケアブックス 200ページ弱で、字も大きい! イラストも厳選されて

2008/10/05 10:50 AM

コメント

早速注文しました、勉強させていただきます。

青木高志 | 2008/10/02 9:09 PM

注文しました!楽しみです。

先生の教育相談にお世話になったころ
私にくっついているか
相談室のすみっこでぼんやりしてた子が
今は、6年生になり、自分で立候補して役を引き受けたり
朝、職員室の前で、先生方に挨拶をするのが日課になって
何事にも意欲的な子になりました。

今は、一生懸命引っ張ってきた子の背中を見ています。

hamana | 2008/10/04 12:34 AM

青木先生
ありがとうございます。お役に立てれば幸いです。
また感想をおきかせください

hamanaさん
頼もしいですね。こどもさんとの約束を覚えていますよ。いつか免許をとって遊びに来るっていってましたね。楽しみに待ってます。

井上雅彦 | 2008/10/04 4:02 AM

先生の兵庫時代、また仲間の方々との結晶、足跡ですね。私も即購入しました。先生の背中越しに、プロンプトの何たるか・・・。など吸収させてもらいましたが、これでおさらいします。

murat | 2008/10/07 11:26 AM

murat 先生
兵庫での実践研究会が懐かしい感じです。S市の先生方もお元気でしょうか。

井上雅彦 | 2008/10/08 1:50 AM

コメントを書く