2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 新刊がでました | main | 辻井先生のご講演:成人期支援 >>

2008.10.08 Wednesday

師匠のお言葉

  先日特殊教育学会で師匠と杯をかわす機会がありました。

 江戸っ子の職人気質の先生で臨床を「修行」と呼び、「技は盗むべし」という方針で我々は日々しごかれてきました。当時は「ほめられたこともないし、どこが行動分析なんだ?理論で説明してよ」と思ったこともありましたが(スミマセン)、その席で師匠が我々弟子に伝えたかったことをポツリと話されました。

 「親を落ち込んだまま帰させるな」

 もちろんその場しのぎに励ます言葉をいえというわけではありません。おそらく、「どんな相談でも、受容と共感だけではなく、自分の専門性や技術、経験によって必ず解決への見通しを示して帰ってもらえ。」とおっしゃりたかったのかと思います。

 師匠が言葉を足さないことは「私の言葉をそのときの自分の力量の中で考えなさい」と言うことなのかとあらためて思ったのでした。師匠は何年たっても師匠なのでした。

井上雅彦 | - | 23:48 | comments(5) | trackbacks(0)

2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 23:48 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/374

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

保護者面談週間の1週間を過ごしております。
「親を落ち込ませたまま帰すな」

私にとっては、リアルタイムなお言葉でした。

今日の面談では、「話せてよかった」と言われました。
まだまだ、修行の身ですが、残りの面談もこの言葉を頭に頑張ります。

修了しても師匠の言葉に励まされるのは、私も同じです。

高木明日香 | 2008/10/09 11:58 PM

井上先生の師匠のお言葉も深いですが、井上先生の解釈も深いです。心に刻んでおきます。

青木高志 | 2008/10/10 1:23 AM

「親を落ち込ませたまま帰すな」
この言葉を肝に銘じて、日々の通級指導や教育相談を行いたいと思います。 
 いつもタイムリーなブログの内容に励まされています。

藤本優子 | 2008/10/12 9:32 PM

先生方

コメントありがとうございます。
世の中は急速にうごいていきますが、腰をすえて取り組みたいと思っています。

井上雅彦 | 2008/10/13 9:01 PM

選択しないという選択肢も入れてこそ、自己決定といえる・・・と考察で書く?

師匠のお言葉はこれでしょうか?
難しすぎて、パニックです。
グラフも満足にかけない、失敗だらけの弟子ですから。
でも、ABAは楽しいなぁ。(今のところは。)

mugi | 2008/11/19 5:27 AM

コメントを書く