2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 3年目のきょうだい支援の会(にじいろ会) | main | 発達障害をとりまく現状 >>

2005.10.01 Saturday

A君の小学校3年目の運動会

 保護者の方から毎年A君(高機能自閉症)の運動会のビデオを見せてもらっている。

 昨年は個別のスケジュールを使用したり、立ち位置をマーキングしたり、事前のお約束などの支援を行うことで、はじめて一人で開会式にでることができ、ラジオ体操が最後までできるなど大きな進歩が見られていた。

 今年すばらしかったのは、逸脱しても各競技のポイントや役割のあるところでは元の位置にすっと自分から戻ってきているところ。逸脱も本人なりに要領を学んできている感じだ。注意される前にうまくもどるという“達人”の域に達しているようにも思える。

 1学期の不登校からも復活し、事前に「競技にはでない!」といっていた割に、リレーで友達を抜いたり、最終的には多くの競技に参加することもできていた。本人の事後の感想は他人事っぽく淡々としていたが成長が感じられるものであった。



井上雅彦 | 日常行動 | 01:13 | comments(6) | trackbacks(0)

2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 01:13 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/38

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

今日は我が家も運動会(保育園)でした。普段は自閉症を感じさせない息子ですが、卒園時競技があり、誘ったのですが座り込みで大きく拒否されてしまいました。ああ、やっぱりと思った一日でした。

harubo- | 2005/10/02 2:22 AM

今日は私の勤務校も体育大会。組み体操では大きな線画での指示が出たり、勝敗の気になる子がいるところでは競技そのものをタイムトライアルにしたり、点数の掲示をやめて放送だけにしたりといろいろ工夫が凝らされています。
個々の生徒のお約束やスケジュールも有効に働けば、きっとすばらしい体育大会になるんじゃないかととても期待しています。

mugi_to_ousama | 2005/10/02 6:54 AM

A君が我が子と重なって見える部分もあって(注意される前に寸止め技とか)読んでて楽しくなってしまいました。事前は周囲をハラハラさせてても当日は以外とイケてたり。子供に行事が終わったあと「頑張ったね〜」って褒めると決まって「だって本番には意味あるから」ってあっさり。なるほど…と妙に納得する私です。もちろん環境整えてこその結果だと思いますけどね。秋は行事も多いですし、どの子にとっても楽しい秋になりますように…

sarari | 2005/10/03 9:49 AM

わたしも地域の保育所の運動会を見学しました。
当日はたくさんのご家族の笑顔や歓声に包まれて、
子どもたちも一生懸命いい顔で取り組んでいました。
9月じゅう炎天下の先生方の指導の工夫と子どもたちの日々の練習の積み重ねに思いを馳せました。
Aくんのようにビデオレターで1年ごとの成長ぶりを記録したり、新たな課題を発見して、次への行動目標へとつなげていけるのでしょうね。来週末も
運動会を控えていらっしゃる関係者の皆さん方も
無事に開催されることをお祈りしています。

ゆきんこ | 2005/10/03 3:16 PM

1日に4年生の息子の運動会がありました。

昨年まで 彼の走り方は まるでペンギンさん。
ニコニコしながら 歩いたほうが早そうな・・・。(それがまたかわいかったんですけどね。)

でも 今年は大きく成長しました。
リレーだったので、遅いとチームに迷惑がかかり、チームのメンバーから「全然ヤル気ない!もっとちゃんと走れ!」と注意を受けたそうです。
先生は、他のメンバーには、「○○君は一生懸命走ってるわよ!見た目で判断しないで。」
そして息子には「遅くてもいいから 頑張って走っているように見せなくちゃ!」と声をかけてくれたそうです。
息子は「これが限界です。」といいながら早く走る努力しました。
その「限界」はとはまさしく彼の精一杯の努力が伝わってくる走りでした。フォームも良くなり、遅くなんてありませんでした。大成長でした。
いい先生・いいクラスメートに恵まれているようです。

inoue | 2005/10/04 11:01 AM

管理者の承認待ちコメントです。

- | 2018/03/27 3:48 AM

コメントを書く