2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 小笠原先生の本 | main | 「わかってること」と「やれること」の差 >>

2010.01.18 Monday

クラス内の罰コントロール・ルール「聞こえません、もう一度いって下さい!」

 また一週間が始まりました。本日も相談ケース2とあとは講義。

  発達障害+不登校の臨床をやっていると、本人から出てくる共通の悩みがいくつかあります。クラスでの表題のような発言もその一つです。

 せっかくの発表行動が、このような台詞をクラスメイトから浴びせられることで台無しになってしまうわけですが、結構この台詞を言わせることをクラスのルールにしている先生方がまだおられるようです。発達障害でなくて緘黙の子どもがいたとしたらさすがにこれはいわせないと思うのですが。

 似たようなやつで「違いマース!」というのがかつてあったのですが、これは私もよくいわれました。これはクラスで一斉にいわれていたので、そのあと「なんでやねん」などの自己つっこみやギャグ化ができない場合、かなりのダメージになります。クラスメイトからいわれるのはかなりつらいです。

 「すごいぞ」とか「いい意見だと思います」「ナイス考え!」などというプラスのクラスルールをぜひお願いしたいです。
 
 

井上雅彦 | - | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0)

2017.12.19 Tuesday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 19:13 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/536

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く