2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 静岡県でのメンター養成研修 | main | ABAの家庭療育の効果 >>

2010.03.22 Monday

「家庭で無理なくできる」の続編

  先日静岡から東京経由で帰りましたが飛行機は「強風のため途中で引き返すかもしれません」といわれ、なんとかたどり着くと車は黄砂でめちゃめちゃにやられてました。今日も曇りでしたが黄砂なのか山陰のお天気なのか最近よくわかんなくなってきました。

 市内のGSの洗車機はどこも連日大繁盛で渋滞です。黒っぽい乗用車は特に汚れが目立ってしまいますが、私の車は平成元年式の汚れが似合う四駆なので多少の汚れはかえって似合うくらいで、これを洗車をさぼっている理由にしています。先日、久しぶりに会った修了生に「あの車まだのってるんですか!」といわれましたが、黄砂が増えるこれからの時代には実にマッチした車であると自負しています。

 前置きのほうが長くなってしまいましたが、「家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46―自閉症の子どものためのABA基本プログラム」の続編として「家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30」が4月に刊行予定です。つみきの会の藤坂氏との共著・監修ということになります。前著の生活・学習課題のほうはアマゾンでもなかなかの売り上げをキープしていてロングランのようです。前著は親御さん向けに書いているのですが、わかりやすいということで特別支援学校の先生方にもなかなか好評のようです。「コミュニケーション編」は家庭で実施する場合、前著よりは難しい課題になりますがペアトレなどが受けやすい環境にあれば取り組みやすいと思います。青年期自立課題編や行動問題編などがあればと個人的には思っているのですがまだちょっと先の話です。他の出版や締め切りも順次取り掛かっていまして、研究論文と平行してなんとか進めています。時間はいくらあっても足りなくて、あせります。

井上雅彦 | - | 21:06 | comments(0) | trackbacks(1)

2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 21:06 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/574

この記事へのトラックバック一覧です:

» 井上雅彦先生の、期待のABA新刊! [お父さんの[そらまめ式]自閉症療育から]
私がいま注目している、期待の新刊についてご紹介しておきます。

2010/03/30 12:21 AM

コメント

コメントを書く