2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 自閉症スペクトラムを抱えた触法者の矯正プログラム | main | リカバリースキルのススメ >>

2012.12.15 Saturday

教育改革に思う

鳥取から六時間かけて鹿児島入りしました。選挙のせいで街が騒がしく、落ち着かない感じ。

教育改革を唱える政治家は、ぜひエビデンスを考えてほしい。また現場で奮闘する人たちの意見に耳を傾け、特区で効果を実証させてほしいと思う。

私から望むとしたら
1 不登校に対する別室指導教室設置の義務化

2 中学の部活動の地域クラブ化(これはやってるとこあるな)

3 授業のIT化推進

4 自閉症スペクトラムに特化した教育課程の設置

すぐに思いつくのはこんな感じかな


明日はメンターの事前研修、今日はセンターの先生や自閉症協会の方から地域のお話しを聞きしました。いろいろな思いを受け止め、沖縄に続いて頑張らねば。



井上雅彦 | - | 23:56 | comments(1) | trackbacks(0)

2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 23:56 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/880

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

自民党本部で下村博文議員の勉強会に出席してきました。
LDの息子さんがいて 日本では教育の場が無く、英国にたった一人で留学をして 大変、苦労されたと聞きました。

早期発見・早期療育の大切さや 才能のある子供達の能力をのばすこと(才能開発と不得意さのことなど)など 少しの時間でしたが話をしてきました。

機会をみつけてとらえて、心をこめて話すことの大切さを感じています。

小児期崩壊性障害の息子は 現在は自閉症+重度知的障害ですが、パソコンが好きだったり、数学の二次方程式が解けたり関数を理解したり、英検4級を持っています。
でも全体の理解や判断、コミュニケーションには重度の困難を持っています。
才能も1本1本の木は立っているけれど、森にはなれない・・
それが自閉症なのだと思っています。

障害のある人が持つ 得意なことを成長させることで この社会で生きる場が作れるように 命がある限り・・創りつ続けて生きたいと思っています。

石塚 雅子 | 2012/12/26 1:42 PM

コメントを書く