2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 最近臨床やってて思うこと | main | 「出生前診断とダウン症」から意志決定を考える >>

2014.12.30 Tuesday

強度行動障害施策の方向性

障害福祉サービス等報酬改定検討チーム第14回「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」資料において「強度行動障害を有する者に対する適切な対応」の加算要件の方針として以下の二つが示されています。


「施設サービス等において、従前、サービスを提供していた行動援護の従業者が、重度訪問介護の従業者に同行して利用者の居宅を訪問し、必要な指導・助言を行った場合等に加算により評価を行う」


「強度行動障害支援者養成研修を受講した職員の配置を要件として加算により評価を行う」

いずれもサービスの質を担保するためには必要なことだと思います。


井上雅彦 | - | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0)

2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 01:28 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/905

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く