2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | -

<< 「出生前診断とダウン症」から意志決定を考える | main | ペアレントメンターが自分の体験を語ることの意味 >>

2015.09.06 Sunday

強度行動障害のある人へのグループホーム生活支援

福岡市にある「かーむ」という障がい者行動支援センターを見学させていただきました。「かーむ」は強度行動障害のある方のグループホーム生活の支援のために今年度開設されました。


24時間の見守りで3ヶ月という決められた期間の中で行動障害の改善をはかり、グループホームでの生活スキルを学習し、最終的には地域のグループホーム生活に移行し、適応できることを目指します。


福岡市の強度行動障害研究会によって、専門的な支援が得られるというメリットがありますが、移行先の確保や協力体制の構築が目下の課題ということでした。今後の事業の発展が期待されます。

井上雅彦 | - | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0)

2016.11.27 Sunday

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 17:45 | - | -

トラックバック

この記事へのトラックバックURL:
http://aba.jugem.jp/trackback/907

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く